カニ通販 Q&A

カニ通販のQ&A

よくある質問

カニの重さの表示って?

カニの重さは、『グロス』や『ネット』で表します。グロスは、カニを包装する袋などの重さを入れたものです。
ネットは、包装などを含まない中身だけの量のことです。
この重さには、カニに元々含まれている海水、氷などの重みが含まれていることもあります。
冷凍方法によっては、重さが増えることもあり得ます。
グロスかネットのどちらの重量表記かを把握するだけでなく、業者のホームページなどで、冷凍方法についても調べておくことをお勧めします。

活けガニとは、どのようなカニのことですか?

カニを購入する時に、『活けガニ』と言う言葉を見かけることがあるかと思います。
これは、活きているカニのことで、届いた時も、カニが生きていることが多いものです。
新鮮で贅沢な美味しさを楽しむことが出来ます。
ほとんどの場合、低温で輸送されるので、品質の変化の心配もありません。
ただ、日が経つにつれて、カニの鮮度が衰えるのは速いので、できる限り届いた日のうちに食べてください。
万一その日に食べられない場合は、冷蔵庫で保存して翌日には食べましょう。

ボイルガニとは、どのようなカニのことですか?

ボイルガニは、水揚げされて直ぐに茹でたカニのことを言います。
このカニの中でも、急速冷凍したものと、茹でたらすぐに発送するものとがあります。
ボイルガニは、特に自分で味付けをする必要はありません。
冷凍品なら、冷蔵庫の中でゆっくりと時間をかけて解凍し、そのまま食べることができます。
ただ、業者の茹で加減や塩加減などによっても、味に差が出やすいものです。
なので、口コミなどで美味しい業者を探して購入するのがお勧めです。

カニのポーションとは、どのようなものですか?

通販サイトなどを見ると、『ポーション』と言うカニの販売方法があります。
これは、小さく分けて冷凍したカニのことを言います。
なので、カニ一匹丸ごとと言う訳ではありません。
例えば、脚だけポーションと言うのが、よくあるカニの販売方法です。
しかも、殻が剥いてあって、料理の手間や食べる手間などがかからず、気持ち良く食べられます。
持ち手だけ殻が付いているものが一般的で、しゃぶしゃぶをするのにも、お勧めのカニですよ。

カニの急速冷凍の良さって、何ですか?

カニを取り扱っている業者のホームページを見ると、『カニを急速冷凍しています。』と記載しているところも多くあります。
この急速冷凍は、水揚げされた生きたカニを一瞬で冷凍することです。
メリットとしては、カニの新鮮さや美味しさを、封じ込めておくことです。
カニって、生きているものほど美味しいのですが、死んでしまうと鮮度が落ちるのも早いのです。
生きているカニを急速冷凍することで、鮮度の衰えるスピードを遅くすることが出来ます。

外国産のカニの良さは、何ですか?

カニって、ロシアやカナダなどの外国産のものが多いですよね。
これらの地域の特徴と言えば、日本よりも北方で寒いことが挙げられますよね。
カニは、水温の低いところが好きなんです。
冷たい海水で育ったカニは、身がぎっしりと詰まっていて、味も甘くて美味しいんです。
しかも、国産のものに比べて価格もお手頃なことが多いものです。
日本ブランドのカニを楽しむ以外に、パーティー用に食べられる部分の多い外国産のカニも良いですよね。

日本ブランドのカニには、どのようなものがありますか?

日本ブランドの有名なカニと言えば、松葉ガニ、越前ガニなどがあります。
松葉ガニは、島根県や鳥取県、兵庫県、京都府などの山陰地方で取れる、オスのズワイガニです。
そして、越前ガニは、越前海岸のある福井県で取れるズワイガニのことです。
どちらも、ズワイガニのブランドで、高級な民宿や旅館などで味わうことの出来るものです。
まだ、通信販売で扱っている業者を探すのは難しいようですが、近い将来増えていくかも知れませんね。

カニの旬は、いつですか?

『カニの旬は、秋の終わり頃から冬にかけて。』
このように思っている方も、多いようです。
ところが、カニは、年中とれるものも少なくないようです。
ただ、カニの中には、とってはいけない時期が決められているものもあるのです。
それで、旬を限定してしまうこともあります。
一般的には、『タラバガニは冬、毛ガニは秋から春にかけて、ズワイガニは11〜2月にかけて』と言われています。
高級カニを味わうには、冬、特に年末年始にかけてがお勧めです。

カニのビードロカットとは、何ですか?

カニの切り方には、『ビードロカット』と言う方法があります。
これは、カニの脚の半分だけ殻を剥いたものです。
『ハーフカット』とも言われています。
カニを食べる時、殻を外すのって手間がかかりますよね。
調理方法によっては、料理する方が、全て殻を処理しなければならないこともありますよね。
食べる時に、自分の分の殻を剥くだけでも大変なのに。
ビードロカットされたカニなら、簡単に食べられるので、純粋にカニの美味しさを味わいたい方には良いでしょう。

姿のカニの解凍方法を教えてください

カニの姿の解凍は、次のように行ってください。
まずは、新聞紙の上に、お腹を下に向けてカニを置きます。
これは、水が甲羅や脚などに貯まらないようにするためです。
もし逆向きにカニを置いてしまうと、カニが水っぽくなって美味しくなくなってしまう恐れがあります。
また、カニの解凍時間は1時間くらいで、自然解凍すれば大丈夫です。
あとは、皆さんの好みに応じて切って、食べることができます。
カニは、ほとんどの場合、冷凍されて届くので、ぜひこのように解凍してみてくださいね。

むき身のカニの解凍方法を教えてください

カニのむき身の解凍は、短時間で行わなければ、水分が無くなって、身がポロポロになってしまう恐れがあります。
周りの氷が溶けたら、すぐに調理しましょう。
完全に解凍してしまうと、カニの美味しさが消えてしまうことがあります。
味が薄くなってしまったり、塩気ばかりが残ってしまったりします。
なので、解凍する場所にも気をつけましょう。
暖房の効いた場所など、温度の高い場所は避けましょう。
むき身は、自然解凍する方法もあれば、パックに入ったまま水に浸けて解凍する方法もあります。

カニ通販は安いですか?

カニ通販は、業者によっては、安い価格を設定しているところがたくさんあります。
もちろん、『極力安いカニを』と考えて、より安いカニ通販業者を選ぶことも可能です。
でも、通販で高級な天然素材を取り扱うからこそ、何があるか分かりません。
なので、安いものを検討する場合には、なぜ安いのかを真剣に考えて見てください。
素材そのもの、サービス内容、加工にかかる経費など、必ず何処かにカニを安く販売できる理由があるはずです。

カニを購入する時は、食べる日を考えるべきですか?

カニは、天然の生き物です。
業者の冷凍方法によっては、ある程度は保存がきくのですが、届いてから、あまりに日にちが経ってから食べるのはお勧めしません。
日が経つにつれて、だんだんと鮮度や味が落ちてしまうものだからです。
賞味期限が長く設定されている冷凍品でも、出来る限り、届いたらすぐに食べたいところですね。
自分たちで味わうだけでなく、ギフトとして人に送る場合にも、逆に迷惑がられないよう気をつけたいところですよね。

ワタリガニって、美味しいんですか?

『ワタリガニを食べる』なんて考える方は、ズワイガニなどと比べると、極めて少ないかと思います。
でも、韓国では、美味しい食材だと言われているんです。
あまり味付けをしなくても、カニ自体に旨さが詰まっています。
特に、体の透き通っていない身のぎっしりと詰まったものは美味しいそうです。
それから、甲羅の堅いもの、ハサミが大きいものも、味噌を美味しく食べることが出来ます。
調理は、胴体や脚をゴムなどで止めて茹でると、足がバラバラになりません。

花咲ガニって、どんなカニですか?

花咲ガニは、実は贅沢な味わいなのに、食べたことのない方が多いようです。
旬は、9〜11月で秋にかけてです。
ただ、水揚げしてから味が衰えるのも早い繊細なカニでもあるのです。
それだけに、通販なら、水揚げして急速冷凍したものが良いでしょう。
価格は、タラバガニよりも安いと言われています。
甲羅の角の尖ったものほど、成長したカニなので、身のぎっしり感も期待できるようです。
流通量は少ないようですが、通販でも購入できる業者はありますよ。

ホーム RSS購読 サイトマップ
カニ激安ランキング よくある質問