カニ 国産と外国産

国産と外国産のカニ

記念日には国産物を

カニを通販で購入する際に、産地をチェックする方も多いかと思います。

 

でも、この産地を気にしたところで、カニの種類によっては、国産も外国産もほとんど変わらないものもあります。
特にタラバガニがその代表的な例なのですが、ロシアの海域で取れたものを、生きたまま日本で水揚げすることで国産表記になってしまうことが多いのです。
結局のところ、ロシア産のようなものですよね。

 

ところが、タラバガニよりもデリケートなズワイガニの場合は、そうもいきません。
ちょっとした気候の変化で、品質が落ちてしまう恐れがあるのです。
なので、ロシア産のものが中国で加工されて、冷凍品として販売されていることが多くあります。
ロシア産のものが生きたまま販売されていることは、ほとんどありません。

 

ズワイガニには、国産のものもあるのですが、この場合、大切に管理されて、ブランド品として高価な価格で販売されています。
それだけに、美味しいと評判ではあるのです。
ただ、外国産でも高価だと感じるのに、それよりもずっと高い値段となると、なかなか手が出せませんよね。

 

今は無理のない範囲内でカニを楽しみ、一生に数回の何かの記念日に、ブランド品を味わってみるのも良いかも知れませんね。

外国産のカニの良さとは?

通販サイトでカニを探していると、外国産のカニが多いですよね。
『外国産のカニは安い。』と言うイメージも強いのですが、他のメリットはあるのでしょうか。

 

外国産のカニで特によく見かけるのが、カナダやロシアのものですよね。
考えてみると、カナダもロシアも、気候が寒い国です。
カニは冷たい水が大好きなのです。
なので、日本よりも海の冷たいカナダやロシアは、カニにとって住みやすい場所でもあるのです。

 

食感に関しても、冷たい水で育ったカナダやロシアのカニの方が、日本のカニよりも身が引き締まっていて美味しいと言われています。
しかも、甘味も、日本のものよりも多いのが特徴です。
ただ、『外国産は安全なの?』と心配する方もいるでしょう。
でも、日本では原発事故もあり、今もなお放射能の危険性が心配されています。
その被害がどこまで行っているのだろうと考えると、むしろカナダやロシアなどの外国産のカニの方が安心できますよね。

 

旬になると、一生懸命に外国産のカニを大量買いしている業者があるのも、これで納得できたでしょう。
今年のシーズンの、外国産のぎっしりと身の詰まったものを、贅沢に味わってみてはいかがでしょうか。
今まで敬遠してきた方も、きっと食感が癖になりますよ。

ホーム RSS購読 サイトマップ
カニ激安ランキング よくある質問