カニ 種類

カニの種類とその特徴は?

通販で大人気のタラバガニ

通販で購入できる大人気のカニには、タラバガニ、ズワイガニ、毛ガニ、花咲ガニがあります。

 

まずは、タラバガニは、身も多くてボリュームがあるのが特徴です。
脚の直径も、なんと5cm以上がほとんどだそうです。

 

タラバガニ同様に人気があるのが、ズワイガニです。
こちらは、甘味があって、カニ味噌を楽しみに購入する方もたくさんいます。
もちろん、身もたっぷり詰まっています。

 

松葉ガニ、越前ガニ、間人ガニなどの高級ブランドもあります。
それから、毛ガニは、名前の通り毛に覆われていて、ズワイガニ同様にカニ味噌を楽しむことが出来ます。
大きさは小ぶりですが、中にはお肉がぎっしりと詰まっています。
カニ鍋や雑炊としても、美味しく味わうことが出来ます。

 

花咲ガニは、食べたことのない方も、少なくないでしょう。
実は、水揚げ量自体も、他のカニに比べると少なく、全体の漁獲量に対してたった数割程度の珍しいカニなんです。
全身にはトゲが付いているので、さばくのに一手間かかりますが、脂が乗っていて好きな方ははまります。

 

このように、高級品のカニにも色々な種類があります。
特に通販でカニを選ぶ際には、なかなかカニの特徴も分かりにくいでしょうが、ぜひ、今後のカニ選びの参考にしてみて下さいね。


花咲ガニってどんなカニ?

ズワイガニ、タラバガニ、毛ガニは、高級なカニとして、多くの方が知っています。
ところが、『花咲ガニは?』と聞くと、分からない方の方が多いかも知れませんね。

 

花咲ガニは、北海道の花咲半島で取ることのできるカニで、こちらも、ズワイガニやタラバガニ、毛ガニ同様に、高級なカニです。
通販サイトで取り扱っている業者も、ズワイガニやタラバガニ、毛ガニと比べると限られてきます。

 

花咲ガニの特徴としては、全体的にトゲトゲが付いていて、脚は太くては短く、鮮やかな赤色をしています。
見た目が豪華なだけに、特にお子様には喜ばれます。

 

食べ方としては、刺身やかにしゃぶ、焼きがになどとして、食べることが出来ます。
刺身の場合は、商品が届いたらすぐに解凍して、その日のうちに食べてしまうのが美味しくてお勧めです。
かにしゃぶや焼きがになど加熱処理をするものであれば、賞味期限内であればいつ食べても大丈夫です。
でも、美味しく食べるためには、1年以内に食べるのがお勧めです。

 

また、花咲ガニの中には、時々子持ちもあるのですが、プチプチと美味しく、より高級な食感を楽しむことが出来ます。
『今まで食べたことがない。』と言う方は、この機会に味わってみてはいかがでしょうか。


ズワイガニは年中捕れる訳ではない?

他の魚介類と同じように、ズワイガニにも旬があります。
つまり、捕れる時期もあるのです。

 

春先は、ズワイガニの産卵の時期です。
この時期は、農林水産省の規制があって漁が行われません。
漁ができる時期は、11月から翌年3月までの間です。

 

これは、あくまでもオスガニの場合ですが、メスの場合は、産卵の関係もあって、11月から翌年1月までしか取ることが出来ません。
それに加えて、『甲羅の幅が10cm以下のものは取っていはいけない』と、漁業関係者の行っている規制もあります。

 

『カニの漁獲量が少ないのも、そのせい?』と思うかも知れませんが、実は、その逆なのです。
以前は、制限なくズワイガニの漁獲が行われていたため、1年を通してズワイガニを食べることが出来ました。
ところが、それが原因で、ズワイガニの量自体が減ってしまったのです。
今こうして美味しいズワイガニを味わえるのも、このような規制があってこそなのです。

 

旬は短いのですが、最近は冷凍技術も発達して保存がきくようになったので、旬に取ったズワイガニでも、1年を通して味わうことが出来ます。
とは言っても、やはり旬の時期に注文して、そのまま旬の時期に食べる方が、有り難みや大切さなどが感じられてお勧めです。

アサヒガニって?

アサヒガニはカニ類アサヒガニ科に分類されるカニで、「ベニガニ」、「猩猩蟹」などの別名でも親しまれています。
海で獲れる種類のカニで、甲長は大体10cm前後です。
甲面に小さなトゲがたくさん出ているのが特徴的で、橙赤色をしています。

 

基本的に九州以南で漁獲されますが、相模湾や駿河湾でも僅かに獲られているそうです。
元々種子島のカニとして広く知られるようになったアサヒガニですが、今はほぼ本土で食べられる機会はありません。

 

現在本土で食べられているアサヒガニは大半が南半球から入ってくる輸入蟹で、ニュージーランド産のものがメジャーになっています。
アサヒガニを茹でる時は鍋にたっぷり水を浸し、沸騰後中火で20分弱ボイルしますが塩はひとつまみ程度でOKです。
茹でた後は甲羅を外しレモンや醤油で食べたり三杯酢で頂くのがオススメです。

 

カニと言うと日本ではズワイガニや高足ガニ、タラバガニなどのカニが有名ですが、アサヒガニのようなカニの方に親しんでいる地域の方も少なくありません。
港の遠い都会の人間にとってはカニ通販のような購入手段を頼るしかありませんが、カニが獲れる地域の方は地元で獲れるご当地ガニを新鮮なうちに美味しく頂くのが当たり前の習慣になっています。

 

なんとも羨ましい話ですが、最近はオンラインショップで様々な地元特有のカニが鮮度抜群の状態で自宅まで届けて貰えるようになっていますから、テレビや雑誌で珍しいカニを発見したらカニ通販でも探してみて下さい。

ホーム RSS購読 サイトマップ
カニ激安ランキング よくある質問