かにが届いたら

かにが届いたら

カニ味噌を美味しく食べよう!

通販で購入したカニ、どのように味わいますか。

 

甲羅の付いたものを注文して、カニ味噌を楽しみにしている方もいるのではないでしょうか。
甲羅を開いた時に出てくる、黄色っぽい部分がカニ味噌なのですが、この部分は、カニの肝膵臓とも言われているところです。

 

カニ味噌は、生のまま食べるのもとても美味しいんですよね。
ただ、生だと匂いがきついので、これが苦手と言う方は、加熱してから食べるのがお勧めです。
茹でるのも、蒸すのも、焼くのも美味しいです。

 

加熱すると、カニ味噌が固まってドロドロした食感が無くなるので、この方が食べやすいと言う方も多いようです。
カニの肉と一緒に食べるのも良いですし、カニ味噌だけで味わうのも良いですし、カニ味噌だけで色々な食べ方があります。
調理方法によって、カニ味噌の味は変化しますので、1つの素材でありながら様々な味を楽しむことが出来ます。

 

また、業者によっては、レシピを一緒に付けて配送してくれるところもあります。
あるいは、ホームページにレシピを載せているところもあります。
カニの調理方法に悩んでいる方は、ぜひ、こちらも参考にしてみては、いかがでしょうか。

 

それ以外の方も、今まで体験したことのない味に出会えるかも知れませんよ。

美味しいカニコロッケ

食べに行くのもいいが、より安く、より美味しいカニを食べたいとして、自宅に美味しいカニが届いたら、まず手をよく洗うことと大きなボウルを用意したい。
ボウルの下に氷を敷いた大きな鍋を用意して、カニに手の熱を伝えないようにする。

 

同時に、カニが食べやすいようにと包丁を入れるのだが、入っているものもある。
それでもボウルを使い、カニの汁は逃したくない。
その汁にバターを入れて、小麦粉を振るってよく捏ねれば、それだけでベシャメルソースのできあがり。

 

そこに食べ残ったカニを入れてまとめ、それをタネとしてフライとして揚げれば、フランス料理のカニコロッケのできあがり。
東京銀座の資生堂パーラーの「クロケット」はいくらすることか。
親族に食通がいれば、資生堂のクロケットと新宿・中村屋のコールマンカレーは、幼い頃に絶対食べている東京の逸品だ。

 

3代も食通が続けばという条件付きだが、六本木ヒルズの住民にはそれを食べたことのある人、知る食通はいない。

お店で食べるかに

何かの祝い事があった時などは、家族みんなでかに料理屋さんに外食に行くなんていうのも良いものです。
家で食べるのと比べるとお値段は張りますが、店舗ならではの良いところもたくさんあります。

 

大きな理由としては『信用』があることです。
大々的にチェーン店などで展開している『かに本家』や『かに道楽』などは名前が知られているため信用としても高いのです。
うっかり悪いものは出せないですし、海のナマモノですから安全性が保証されているに越したことはありません。

 

また、料理の品数が多く、様々な味のかにを堪能できるというのもお店でかにを食べる魅力の一つといえます。
各店舗によってオリジナルメニューもありますし、ただ茹でて食べるだけではなく、かにすき、かにグラタン、かにフライ、かに太巻寿司、かに汁、かに雑炊などなど、自宅ではとても作れない美味しいかに料理が食べられます。
ただ茹でて食べるのでさえ、かに酢にこだわっていたり見た目もきれいに飾り立てられていますから目でも楽しめるでしょう。

 

たくさんのかに料理が食べられるのは会席料理ですが、そのような料理を食べる場所としても、お店では力を入れています。
かに料理というのは高級ですから、食べる席もしっかりとくつろげるように整えています。
豪華な民芸造りにしてあり、店そのものを純和風にしてあったり、店にはいると生け簀に大きなかにを展示していたりと様々な工夫をして客である私たちを楽しませてくれるのです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
カニ激安ランキング よくある質問